診療科紹介

眼科

専門医取得可能学会

  • 日本眼科学会 (当院は連携病院として、下記基幹病院プログラムに属しています。)
     ◇ 兵庫医科大学病院

特徴

眼科は眼球と眼窩付属器を取り扱う特殊な診療科ですが、その中でも眼瞼眼形成、眼窩部や涙道疾患、斜視弱視診療、角膜疾患、白内障屈折矯正、緑内障、ブドウ膜関連疾患、網膜硝子体疾患、神経眼科と専門性が細分化されています。多くの専門分野で外科的治療を必要としますが、ブドウ膜関連疾患並びに神経眼科では内科・脳外科など全身との関連性が強いことも特色で、内科的治療が必要となります。

当院では主に眼科全般の診療を行っており一日の外来患者数は延べ100人、午後は術前検査や視野検査など予約検査を行っています。年間手術件数は800件を超え特に多くの白内障手術症例を執刀しており、また網膜硝子体手術にも力を入れています。網膜剥離などの対応可能な緊急疾患は当日の緊急手術を行います。その他に症例数が多い眼瞼手術、緑内障手術も当院で行っています。斜視手術、眼窩部手術、角膜手術は適宜大学病院や近隣施設に紹介しています。

研修内容

細隙灯顕微鏡の使用方法、眼圧の測定、各種検査機器の使用方法などの実践的な指導を行います。外来診療を担当出来るようになるまでにはそれなりの時間を要しますが、入院白内障患者の術前術後の診察からスタートし、網膜硝子体疾患の術後診察、緑内障の術後診察や眼圧管理についての指導を行って行きます。研修の進行具合によりますが、初期研修では霰粒腫や翼状片などの外眼部手術や白内障手術の指導も行います。また、豚眼を用いた白内障手術研修を定期的に設けています。

スタッフ紹介

部長

周 允元
資格・専門医・所属学会・日本眼科学会認定専門医
・日本眼科学会
・日本眼科医会
・日本網膜硝子体学会
・日本糖尿病眼学会

医員

松浦 信大郎
資格・専門医・所属学会・日本網膜硝子体学会
・日本緑内障学会
・日本眼科医会

スタッフの一言

全身を診る機会に乏しい眼科はともすれば敬遠されがちな診療科かもしれませんがライフワークバランスに優れ、女性でも働きやすい診療科です。勿論外科診療を志す男性にもお勧めで、顕微鏡下で行う手術の恩恵もあり老眼に煩わされること無く長期に渡って執刀が可能です。

当院眼科は医師、コメディカルとの連携が良く検査スタッフの疾患に対する理解も深いため分からない事も気軽に相談できます。緊急時のスタッフの対応も迅速で助け合いの精神にも溢れてります。仕事もプライベートも充実した日々を送りたい方、奥深い眼科の世界で是非ぜひお待ちしております。