先輩の声

南6階病棟(地域包括ケア病棟、眼科、他)

部署紹介

私たちの病棟は、地域包括ケア病棟、眼科で、主に急性期治療を終えられた患者さんの退院調整に深く関わっています。
本人・ご家族の意向を尊重し、主治医を始め看護師、リハビリ科、退院支援相談員など他職種が連携し、患者さんにとってより良い退院先を決定できるようサポートしています。

 

Q
神戸掖済会病院を選んだ理由は?
A

将来的に訪問看護に興味があり、その先駆けとして地域包括や退院支援、退院調整などを学びたいと思っていました。
就職先で悩んでいたところ、当院に地域包括ケア病棟があることを知り、また知人が勤務しており、職場の雰囲気も良いと聞き、神戸掖済会病院への入職を決めました。

Q
看護師としてやりがいを感じるのはどんな時ですか?
A

看護師として働く中でやりがいを感じる瞬間は、患者さんから“感謝の気持ち”が聞けた時です。
ケアの後、ナースコール対応、他にも些細なことでも「ありがとう」と言ってもらえることが何よりも嬉しいです。
患者さんは「看護師の皆さんから元気をもらっている」と言って下さいますが、逆もまた然りだと思っています。
少しでも退院に前向きになって、最後に「ありがとうございました。お世話になりました」と笑顔で退院される姿をみれた時は、この患者さんと関われて良かったと感じます。

私達と一緒に働いてみませんか?

私の職場は地域包括ケア病棟で、退院に向けた関わりに重心を置いています。
患者さんに寄り添い、思いや考えを傾聴し、入院時から退院を見据えてじっくり関わりを持ちたいと思っている方は、是非私たちと一緒に働いてみませんか?