糖尿病教育入院

内科

糖尿病内科

糖尿病教育入院

糖尿病の治療目標達成するためには正しい知識を身につけることが重要です。

当院では、糖尿病専門医及び糖尿病教育の専門研修(日本糖尿病療養指導士)を受けた看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士などのスタッフと一緒に糖尿病に関する基本的な知識を学んで頂きます。

糖尿病治療目標

血糖、体重、血圧、血清脂質の良好なコントロール

糖尿病細小血管合併症(網膜症、腎症、神経障害)および 
動脈硬化疾患(虚血性心疾患、脳血管疾患、閉塞性動脈硬化症)の発症、進展の阻止

健康人と変わらない日常生活の質(QOL)の維持
健康人と変わらない寿命の確保

糖尿病教育入院コース

※教育入院は一度、内科外来を受診して頂いてからとなります。

種類・期間 対象 参加人数
基本コース
(火曜日~次週金曜日:11日間)
・教育入院を初めて受ける方
・糖尿病についての基本を学びたい方
・食事療法・運動療法をより深く学びたい方
最大5名
短期コース
(火曜日~土曜日:5日間)
・仕事の都合等で短い期間で教育入院を希望する方 最大5名
教育入院時の主な検査項目

心電図・心エコー・腹部エコー・ABI・PWV・頚動脈エコー・神経伝導検査・自律神経検査・血液検査・尿検査・胸部レントゲン・腹部レントゲン(検査項目は病態によって変更しています)

糖尿病教育入院スケジュール
曜日 内容 担当
糖尿病という病気について 医師
食事療法について 管理栄養士
運動療法について 理学療法士
糖尿病の検査について 臨床検査技師
糖尿病の薬について 薬剤師
日常生活の注意点について 看護師

糖尿病教育入院スケジュール(患者様用)(PDF:)

カンファレンス

隔週火曜日に糖尿病チームカンファレンスを行い、適宜、患者さんの症例につき診断・治療について検討を行っています。

糖尿病という病気について
  • 1型糖尿病・2型糖尿病・妊娠糖尿病・その他の糖尿病の違い
  • 糖尿病の合併症(腎症・網膜症・神経障害)について
  • 患者さん自身の採血データの見方

などを、スライドや資料を使って分かり易く解説します。質問・対話形式で授業を進めます。

食事療法について

糖尿病の治療の1つである食事療法は、どのような治療をしている人でも必ず行わなければならない基本的な治療です。

(1)集団栄養指導(場所:講義室)

糖尿病教育入院中の患者さん数名を対象に講義形式で行っています。
患者さんに正しい食事療法を継続して頂くために、基本的な食事療法の概要をイラストを中心としたパンフレットを使用し説明しています。

■あなたの食生活をチェックしてみましょう!
下の項目であてはまる物に◯をつけて下さい。いくつ◯がつきましたか?

1. 糖尿病について

2. 食事管理

  • 適正体重・適正エネルギー量について
  • 適切な栄養バランスについて
  • 規則正しい食事
    食事回数・食事時間・食事量
  • 嗜好品の取り扱い

3. 運動時消費エネルギーについて

 

(2)個人栄養相談(場所:栄養相談室・デイルーム)

患者さんとご家族の方と一緒に年齢・個々人の運動量に合わせて1日のエネルギー量の設定を行います。
そして、実施可能な食事内容を患者さんと相談しながら決めていきます。
それぞれの患者さんに、担当の管理栄養士がついて、入院・外来を通してサポートします。
必要に応じて、食品交換表の使い方、宅配食の紹介、カーボカウントを用いた食事療法の相談も行っています。

(3)退院時栄養指導

退院後の食事プランを一緒に考えます。
一人暮らしや調理が苦手な方に向けて宅配食の紹介をさせて頂いてます。

運動療法について

運動療法は、食事療法、薬物療法と並んで、糖尿病治療において重要な役割のひとつです。
当院では、教育入院中に運動の習慣をつけるため、エルゴメーター(自転車)やトレッドミルなどの有酸素運動を患者様の状態に合わせ指導しています。

運動前後には、血糖値の自己測定を実施し、運動で血糖値が下がることを実感して頂いております。また、心疾患がある患者様には心電図をモニタリングし、安全かつ効果的に運動療法が実施できるように配慮しています。

※この表を基に、自覚的運動強度や脈拍数を参考に運動負荷を決定しています。

体力測定を行い、各患者さんごとに合併症を考慮した運動を担当理学療法士がサポートしています。教育入院中は毎日運動して頂きます。

血糖値自己測定
運動前   運動後
糖尿病の検査について

臨床検査技師が、患者さんに行った検査の内容や結果について詳しく説明しています。
糖尿病を、未治療で放置していたり、血糖コントロールが悪いと知らぬ間に合併症が進んできます。
合併症の検査についても説明します。

検査結果をみても、よくわからないんです。ヘモグロビンA1c?悪玉コレステロール?私の検査結果は、どうでしょうか?合併症を調べる検査ってどんなものがあるんですか?マスター負荷心電図?ABI・PWVって何を調べているんですか?合併症が進行していないか定期的に調べることは大切です。超音波検査でも腹部エコー・頸部エコー・心臓エコーなどいろいろあります。

このほかにも合併症のひとつである神経障害について調べる神経伝導検査や、睡眠中に呼吸が止まっていないか調べるを睡眠時無呼吸検査をすることもできます。
また蓄尿検査により、腎症の進行度合(微量アルブミンなど)を調べたり、自己インスリン分泌量(C-ペプチド)を測定しています。

糖尿病の薬について

薬物治療は経口血糖降下薬とインスリン注射に大別されます。
1型糖尿病ではインスリン注射が不可欠です。
2型糖尿病では食事療法・運動療法が基本となりこの二つを十分に行っても血糖コントロールが不十分な場合に経口血糖降下薬、又はインスリン注射を開始します。

糖尿病教室では経口血糖降下薬、インスリン製剤、そして最近発売になったインクレチン関連薬について説明しています。

経口血糖降下薬

経口血糖降下薬は大きく分けて5種類に分けられます。
それぞれの薬品に特徴があり、適切な服用時間(食直前、食前、食後など)、血糖降下作用も様々です。
個々の薬の特徴を理解してもらうことでより安全に、効果的に薬を内服していただけるよう努めています。

インスリン製剤

作用時間により超速効型、速効型、中間型、混合型、持効型に分けることが出来ます。
正常なインスリン分泌パターンを理 解していただいた上で、患者さん個々の病態、生活習慣にあった投与方法を一緒に考えていけるように努めています。

インクレチン関連薬

インクレチンとは食事の摂取により消化管から分泌され、血糖依存的に膵β細胞に作用しインスリン分泌を促進、膵α細胞に作用しグルカゴンの分泌を抑制する消化管ホルモンです。現在販売されている製剤としてはDPPⅣ阻害薬(内服薬)とGLP-1製剤(注射)があります。

最後に…

薬はどれも血糖コントロールの安定性を補助するものであり糖尿病を治すものではありません。薬物治療が開始されてからも食事療法、運動療法はしっかり行ってください。

日常生活の注意点について

入院中は次のようなたくさんの不安や心配がたえないと思います。

糖尿病って言われたけど
何を気をつければいいの?

糖尿病教室では紙芝居を用いてお話しをさせていただきます。言葉だけでは伝わりにくい部分も、絵がはいることによって、より分かり易くお伝えできると思います。

病棟では患者さんと看護師がお話しできる機会も多いので、質問や疑問があればいつでもどこでも誰にでも声をかけて聞いてください。

外出先で低血糖になったら
どうしたらいいの?
家に帰ってから気をつけないと
いけないことはなんですか?
体調を崩して食事をとれない時、
お薬はどうしたらいいの?
血糖測定やインスリン注射は
私でも出来る?
手技練習は、患者さんと看護師1対1で行います。“患者さんにより易しく”と思い、この度手作りパンフレットも作成しました。
パンフレットを用いて、退院までの期間ゆっくりと自信がつくまで一緒に練習して行きましょう。

主治医はあなたですが合言葉です!!患者さんが退院されても日常生活に困らないように、また有効な治療が続けられるように患者さんと目線を合わせて関らせて頂きたいと思います。

カンバーセーションマップ

教室とは異なり、皆様で気軽にお話をしていただきながら糖尿病を振り返ります☆
地図を囲んで大きな人生ゲームのような感じです。

食事前の血糖測定

血糖測定はナースステションにておこなっています。
患者さんと看護師1対1で対応しています☆
この場も大切なコミュニケーションの時間です。