麻酔科・救急科

麻酔科・救急科

診療科の特徴

4人の常勤医と1人の非常勤医で、手術麻酔業務と救急業務を担当しています。

手術麻酔業務

手術を受ける患者さんの安全を守り、手術後の痛みを軽くするのが仕事です。手術を安全に受けて頂けるように、そして「神戸掖済会病院で手術を受けて良かった」と感じていただけるように、最善を尽くします。

治療実績

平成27年度実績(手術室)

全身麻酔
1,120件
全身静脈麻酔
87件
腰椎麻酔
117件
硬膜外麻酔
104件
伝達麻酔
79件
局所麻酔
1,263件 
その他
1件
 
 
合計
2,771件

救急業務

救急車で搬送されてくる患者さん、外来時間終了後に緊急で受診を希望される患者さんの初期診療を担当しています。入院は必要か、専門医の診察は必要か、より高次の医療機関に転送するべきかなど、患者さんの状態をみて迅速に判断することを心がけています。病状によっては主治医として入院加療も継続して行っています。

スタッフ紹介

常勤医

部長代理:馬屋原 拓(平成11年卒)
資格・専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 麻酔科専門医
  • 麻酔科指導医
医長:福岡 良佑(平成15年卒)
資格・専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 麻酔科専門医
  • 麻酔科指導医
医長:西山 淳二(平成15年卒)
資格・専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 麻酔科専門医
  • 麻酔科指導医
医員:牛尾 和弘(平成24年卒)

 

非常勤医員:南 辰也(平成25年卒)

資格・専門医

  日本救急医学会 認定ICLSコースディレクター

  日本医師会 認定産業医