薬剤部

薬剤部

われわれ薬剤師は、患者さまにとって安全で有効な治療のために、薬の専門家として医療を支えています。

主な業務内容

 

調剤

調剤室では、主に入院患者さんのお薬を調剤しています。お薬の量や飲み方、お薬同士の飲み合わせのチェックなどを行います。

注射薬調剤

入院患者さんの注射薬を1人分ずつセットして病棟へ払い出します。お薬の量や投与速度、投与経路などをチェックします。お薬を混ぜることによって品質や作用に変化がないかどうかも確認します。

薬剤管理指導業務(服薬指導)

それぞれの病棟に薬剤師を配置しております。お薬の説明、副作用や効果の確認など、入院患者さんが安心して薬物治療を受けられるようにさまざまな活動を行っています。
また入院時に薬剤師が面談を行い、普段飲んでいるお薬や、今まで飲んだお薬についてなどをお聞きします。治療を行うにあたって重要な事柄は医師や看護師にも伝え、よりよい治療を行えるようにサポートします。

→抗血小板薬、抗凝固薬をお飲みの患者様へ

抗がん剤の混合調製

抗がん剤による治療は、入院中だけでなく通院しながら外来でも受けることができます。薬剤部では投与量や投与間隔、投与時間などのチェックを行っています。
また、現在外来での抗がん剤治療は月・水・木曜日に行っており、患者さんに投与するお薬は薬剤部内で無菌的に調製を行っています。

医薬品情報の提供

お薬についての情報を集めて整理します。薬剤師だけでなく、医師や看護師などほかの医療スタッフに速やかに情報を提供し、治療を支えています。

医薬品の管理

各部署への医薬品の供給を適切に行い、在庫・品質を管理しています。
厳密な管理が必要な分類の医薬品は、数量の管理・使用患者名の保管などを行っています。

院外処方箋について

当院では院外処方箋を発行しております。診察時に処方箋をお渡ししますので、かかりつけ薬局へお持ちになりお薬を受け取ってください。

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新しい医薬品(先発医薬品)を開発・販売後、審査期間・特許期間が終了した後に発売されます。先発医薬品と同じ有効成分で、先発医薬品に比べて低価格な医薬品です。

当院の院外処方箋は、医師の指示がない限り、薬剤師と相談してジェネリック医薬品に変更することができます。希望される方はお薬を受け取る保険調剤薬局でご相談ください。(先発医薬品を服用するように医師の指示がある場合は変更できません)

先発医薬品の審査期間・特許期間は医薬品によって異なり、一般的には数十年過ぎてからジェネリック医薬品が発売されることが多いです。現在発売されている医薬品の全てにジェネリック医薬品があるわけではありません。また、場合によっては料金が安くならない場合もございますので、保険調剤薬局でよくご相談ください。

スタッフ紹介

薬剤師 17名 事務員 1名