心電図・脳波検査

臨床検査部

心電図・脳波検査

心臓は全身に血液を循環させるため常に動いており、微量の電流を発生しています。
この電流を記録したものが心電図です。

一般的な心電図は安静状態でとりますが、必要に応じてからだに負荷をかけてとったり、長時間通常の生活時の心電図をとったりします。

心電図室では、他にも呼吸機能能検査・脳波・ABI/PWV検査を行っています。

12誘導心電図

心臓の電気的興奮をみることにより、不整脈、心筋障害、肥大などがわかります。

マスター負荷心電図、エルゴメーター負荷心電図

階段の昇り降りや、自転車のようなペダルを漕いで心臓に負荷をかけ心電図の変化を調べます。

ホルター心電図、ホルター・血圧測定心電図

長時間の心電図を記録するため、小さな器械を装着したまま帰宅していただきます。

器械を装着している間は、入浴・シャワーはできません。翌日も指定時間に来院していただき、器械を取り外します。

呼吸機能能検査

肺活量、1秒率(1秒間で吐き出せる息の量)を測定します。
この検査で喘息やCOPDなどの診断・治療の効果を確認できます。
また手術前に換気状態を調べることもあります。

脳波

きわめて小さな脳の電気信号を記録します。
脳に関する病気の診断や、治療の効果を確認できます。

ABI/PWV検査

脈が血管を伝わる速さ(PWV)と、血管のつまり具合(ABI)を調べます。
両手・両足の4ヶ所の血圧と心電図・心音図を測ります。

睡眠時無呼吸検査

ポリソムノグラフィ(PSG)、PSG簡易法、動脈酸素飽和度測定(パルスオキシメーター)機器があります。
PSGは1泊の入院をしていただき、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の確定診断や、その分類、重症度判定に有用です。
脳波、鼻・口の気流センサー、胸・腹の動きをみるセンサー、心電図、パルスオキシメーターなどの電極を装着し、夜間就寝時に眠りが中断されていないか調べます。
PSG簡易法、パルスオキシメーターは機械を自宅に持ち帰り、夜間にご自身で装着して寝ていただくスクリーニング検査です。
機械の操作方法や装着方法は、臨床検査技師が詳しく説明します。

神経伝導検査

手や足の神経を刺激して、興奮が伝わる速度や、時間などを調べる検査です。
手足のしびれや、力が入りにくいなどの症状があるときや、糖尿病の合併症(神経障害)の有無を調べます。
電気刺激を加えますので多少の不快感を伴いますが、非侵襲的な検査です。