看護部長メッセージ 私たちの目指す看護

看護部長メッセージ

『患者様と真摯に向き合安全・安心で質の高い看護を提供できるナース』
~昨日の自分より今日の私~

看護部は、掖済(えきさい)の理念・基本方針のもとに地域住民のニーズに応え、患者の立場で『安全・安心できる質の高い看護』を提供する事を目指しています。常に患者様を意識した看護が提供できるよう、患者様と「真摯」に向き合える看護師の育成を目指しています。「真摯」とは、“一生懸命なさま”を示す言葉です。患者様と「真摯」に向き合うことで自分自身を振り返り、自己研鑚につなげることができる看護師を育成していきたいと考えています。

新人看護師には、各部署で教育担当者・実地指導者・チューターを配置しています。「人を思う心・人を育てること」をモットーに看護職員が自律し、誇りを持って働くことができるように支援しています。『昨日の自分より今日の私』が少しでも成長したと思えることを大切に、生き生きと楽しく働き続けることのできる職場を目指しています。

これからも垂水地域で必要な医療が、必要となった時に提供できる病院として前進していきます。掖済精神を胸に、院職員全員で魅力的な病院にしていきましょう。ぜひ一度病院見学にお越しください。皆様のご応募を楽しみにお待ちしています。

神戸掖済会病院 看護部長

私たちの目指す看護

理念・方針

掖済(助け救う)の精神に基づき、地域住民の健康を守り、人権を尊重し、
信頼できる心優しい看護・安心できる看護を提供致します。

看護部方針・目標

1.チーム医療を推進し安全で安心できる質の高い看護を提供する

  1. 接遇教育(言葉使い)に力を入れる
  2. インシデント、転倒転落の減少につとめる

2.急性期病院としての役割を果たし地域医療連携を推進する

  1. 急性期7:1の要件を満たせるよう協力する
  2. 退院調整を強化する

3.看護師の専門職業人としての成長発達を支援する

  1. 院内、院外研修への積極的な参加を促す