教育体制

看護部教育委員会

目的

看護職員一人ひとりのキャリア開発を支援すると共に、集合研修および各部署における職場内教育を充実させる。

目標

  1. 専門看護職としての経年的な成長を促す。
  2. 役割責任に応じた学習の機会を提供する。
  3. 看護実践に関する新たな知識や技術を提供し共有化する。
  4. 自らのキャリアについて考え、自己開発できるように支援する。
  5. 職場の教育的な環境を構築していく。

教育目標

  • 専門コース
  • 卒業1年目
  • 卒業2年目
  • 卒業3年目
  • 卒業4年目
  • 卒業5年目
  • 卒業6年目

卒後1年目

  • 専門職業人としての自覚を持ち、責任ある行動ができる
  • 患者の気持ちや痛みを理解し、安全に援助ができる
  • 職場に適応し、援助を受けながらチームメンバーとしての役割が果たせる
  • 自己を振り返ることで気付きを得、課題を見出すことができる

卒後2年目

  • 援助を受けながら個性別・継続性のある看護が展開できる
  • チームメンバーの役割を果たすことができる
  • 主体性・協調性のある行動がとれる
  • リフレクションを通して看護について深く考える

卒後3年目

  • 受け持ち患者の看護の展開ができ、自己の看護観を深めることができる
    • 個別性、継続性のある看護を主体的に実践する
    • 実践にあたってリーダーシップをとる
    • ケースレポートをまとめる
  • チーム医療の中で、リーダーの役割を理解し実践できる
  • 先輩としての役割を認識し、後輩に対し指導的立場にあることを理解する

卒後4年目

  • チームリーダーとしての役割を担うことができる
  • 常に問題意識を持ちながら日頃の看護・仕事に取り組む
  • 自らのキャリア開発の手がかりを探ることができる
  • 自らの看護実践を振り返り、興味や関心のあることを深めていく

卒後5年目

  • チーム医療の中でリーダーの役割を果たすことができる
  • 患者の意思決定を尊重した看護が提供できる
  • 組織の中での役割を認識し活動できる
  • 自らのキャリアの方向性をイメージできる

卒後6年以上

  • 看護実践における教育的立場にあることを意識し、自ら実践者として研鑽していく
  • 幅広い視点で物事を捉え、職場や組織の現状を構造的に考えることができる
  • 積極的に改善・改革を提案し、計画に参加できる
  • ワークライフバランスを考慮したキャリア開発を行っていく

専門コース

クリティカルケア研修

  • 生命の危機的状況にある患者の病態が理解でき、身体的アセスメントができる
  • 生命を維持するためのモニタリングができ、重要臓器の循環と酸素化のの維持のための援助方法が理解できる
  • 救急蘇生および二次障害を予防するための安全管理、感染予防、機械的物理的損傷の予防、廃用予防のための援助ができる
  • 生活の質を維持するためのコミュニケーション、身体的苦痛の軽減、プライバシーの保障、生活リズムの調整、社会との交流の保障、家族への援助方法が理解できる
  • 患者の自然治癒力の促進、セルフケア能力の向上、ストレスに対する適応能力の向上、患者の日常生活の整備・調整、安全の保障を目指した援助方法が理解できる

マネジメント研修

  • 看護部目標を推進する活動を積極的に行える
  • 役割モデルとして質の高い看護サービスを提供し、かつ後輩育成ができる
  • 看護業務の改善に向けた他部門との連携・調整ができる

リーダー研修

  • リーダーとしての自分を振り返り、自己を知ることができる
  • 自分の目指すリーダー像を明確にすることで自己の看護を振り返ることが出来る
  • 研修を受講する事で、意識と行動が変化する